テレワーク演奏から得たもの

今日は2020年5月9日土曜日です。新型コロナの影響で殆ど仕事はありませんが、今日は久し振りに演奏のお仕事がありました。チェロを2週間ぶりに担いで外出しましたが、チェロの重たさに少しびっくりした次第です。

本題に入りますが、出口が見えない自粛生活は辛いです。しかし、テレワーク演奏を始めて色々な発見があり良かったなと思っています。自分の演奏録音を何度も繰り返し聴いて客観的に改善点を探す。なかなか大変な作業ですが、自分自身を深く見直す良い機会を頂いたと思っています。『音程が悪いな』とか、『フレーズ感が浅いな』などといった一般的な事も気が付きます。更に『頭でっかちな演奏だな』『真面目すぎるな』『色気のない人生歩んだ来たな』などなど、辛口な講評を自分自身に送っています。自分の理想の演奏と大きく離れていますが、少し意識を変えるだけで演奏の方向性が変わって『おっ!なかなか良い?』瞬間に出会う時も無きにしも非ずです。一つ確実に言えるのは、「自分の殻を破ってエネルギーを外にもっともっと流す」ですね。https://youtu.be/Cn_KtnhnsLA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。